結婚に関して焦り

30歳が目前に迫った時、結婚に関して焦りを感じました。
結婚相談所 東京

当時恋人とも不仲になり、仕事も上手く行かなくなっていたので
完全に自分を見失い自信が無くなってしまったのです。

親の勧めもあり、結婚相談所に登録だけでもすることにしました。

東京に住んでいても仕事柄出会いのチャンスがあまりなかったのです。

正直、結婚相談所は最後の駆け込み寺と考えていたので、当初は
真剣に通いませんでした。

特に上手く行っていなかった仕事について
細かく聞かれることが苦痛だったのです。

後ろ向きなままでいる私に、母が優しくアドバイスしてくれました。

結婚はすぐ出来るものではないから、気分が落ち込んでいる時でも
種を蒔き続けなくてはいけないよと言ったのです。

何も前進出来ない私は情けないままで居るのが耐えられなくなり、
キチンと結婚相談所に行くようになりました。

まずは前向きになれるように、自分の良い所を書き出してみましょうと
提案されたのです。

すると、少しずつ自分が好きになれる気がしてきました。

上手く行かなくても努力はしてきたことや、これまでの交際歴から
考えて、決してモテないタイプではなかったことなどが見えてきたのです。

そして良い点を発見した上で、自分自身が常に待つ側の人間に
なってしまっていることに気付きました。

つまり何事でも相手の出方を見過ぎてしまう性格が、
チャンスを逃してきたのです。

けじめとして、不仲になった為音信不通だった
恋人にもようやく連絡することが出来ました。

怖がって、現実を見ていなかった自分が少しずつ変わっていったのです。

結婚相談所の方々は様々な人の人生を見守ってきたプロの方なので、
私のようなタイプと出会ったこともあったのでしょう。

的確なアドバイスを頂けたので良かったです。

現在30半ばになり、無事結婚も出来子供にも恵まれました。

人生は、駄目な時にこそ浮上するきっかけが必要だと感じます。

私の場合は、母の言葉と結婚相談所でのアドバイスがきっかけになりました。

自分を見直す意味でも、一度結婚相談所を訪れてみるのもいいかもしれません。